米国不動産購入のメリット

米国不動産購入のメリット

  • 値上がりが期待できる。
    日本と違い、人口が増加していて、若い人が多いので、現在はまだまだ住宅が不足して居ます。正しい場所で購入し、7〜10年保有することで十分ななあがりが期待できます。
  • 住宅ローンの金利がタックスで控除できる。
    多くの人は、30年で住宅ローンを組希ています。
    収入が多い人ほど、節税の為長期ローンを組んでいます。
  • 節税になる
    投資物件では運用コスト、修理費、保険、税金はもちろん、減価償却のタックスで控除できます。また1031 EXCHANGEという方法を使い買い替えると売却益に課税されません。
  • リモデルすることで、住宅の価値を上げることができる
    コツコツと、リモデルすると家の価値が上がります。
    アメリカ人はよくDIYでフローリング、キッチンやバスルームなどをリモデルしています。素敵な家に住みながら資産価値がアップ!
  • いざという時に、お金を引き出せる。
    家を抵当にしてHOME EQITY  LINE OF CREDITという第2ローンをつけることにより、必要な時に必要な分だけお金を引き出すことができます。
  • リタイヤメントの資源となる。
    最終的に家を売ることにより老後に資金を調達することができます。
    典型的なカリフォルニアの家を30年前に5万ドル〜10万ドルくらいで購入した人は、現在1ミリオン以上の価値になって居ます。
    このお金でラスベガスやフロリダなどでのんびりと暮らすことができます。
    家の購入をせずに老後を迎える年齢に達した人は大変だろうなと思います。
    カリフォルニアの家賃は年々値上がりしているので、年金だけで生活するのは難しいです。

    長期的に資産を構築するには、自宅または投資物件を購入するのは非常に有効な手段だと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)