フロリダ州の不動産

今、10年くらい前に購入したフロリダ州の投資物件を2件売りに出しています。カルフォルニアの売買に比べれフロリダ州の売買は書類の数や規制がかなり少ないですね。

カリフォルニアで家を売買したことにある方なら、ご存知だと思いますが、何十ページにも及ぶ書類に永遠にサインしたり、イニシャルしたりしてかなり大変だったと思います。ローン関係に書類も一緒にファイルにすると2〜3cmくらの高さになってします。今は、デジタルでサインするので書類のやり取りも楽で、サインするのもパソコンやスマホ上でできるので本当に楽です。数年前までは、紙の書類をお客さんの所に持っていき、サインしてもらい。また取りに行く、またはFAXで送ってもらう。サイン漏れがあればまた送って、サインしてもらいとかなり大変でした。デジタルでサインできるようになった今、世界中何処にいてもスムーズに取引を行うことができるようになって本当に楽になりました。

今回、フロリダで売却を行なって、カリフォルニアと比較してかなり楽だな〜と思いました。

自然災害の危険性をレポートしたNatural Hazard Disclosureが必要ない。シロアリに検査もしない。火災報知器や一酸化炭素報知器の設置義務もない。サインする書類の数がカリフォルニアの1/3位です。エスクロー会社がなく、Title Campanyがclosingを行います。
Notaryには、Notaryのシールの他に、誰でも良いので2人の証人が必要。

一件は無事にCloseしたので、もう一件早く売れてほしいです。フロリダは、カリフォルニアに比べるとまだまだ不動産価格も手頃なのでカリフォルニアや中国からの投資家が多いようです。

ご興味のある方は下記リンクをご覧ください。10/3くらいから本格的に売り出します。
https://bit.ly/2y9L6OT

  • SmaSurf Quick Search

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)