日系パイオニアに感謝する会

9/8/2018にハワイ移民150周年を記念して、日系パイオニアに感謝する会がTorranceのHoliday Innでありました。

100歳と99歳のお二人から、長生きの秘訣や私達に伝えておきたい、心にしみるお話が沢山ありました。お二人ともハリのある大きな声でしっかりとスピーチをされました。

私たち日本人がここアメリカでビジネスをしたり、不動産を買ったり、学校に通ったりできるのも全て前人たちが苦労して勝ち取ってくれたものです。未だに、昔に開発された住宅地のアソシエーションの規則書には、白人のみ住めると記載されているものもあります。もちろん違憲なので現在は有効ではありません。
今はお金さえあれば、アメリカの好きなところに国籍、人種、性別を問わずに不動産の購入ができます。とても幸せなことだと思いました。

しかし、現実を見ると、やはり黒人の多いエリア、メキシカンの多いエリア、中国人の多いエリア、韓国人の多いエリアと、人種ごとに固まって住んでいます。治安、学校区が良い、お金持ちの多いエリアは白人とアジア人がの割合がとても高いです。法律の壁を壊すことができても、心の壁と経済力の違いでどうしても人種隔離は起こってしまうものですね。

津軽三味線の演奏はアレックス君、熊本の師匠について習っているそうです。とても上手でした。

西大和学園の生徒からの花束贈呈です。若い世代もしっかりと頑張っています。英語でも日本語でもスピーチは上手でした。