EVの電気代

Tesla Model 3に乗って早くも三ヶ月が経ちました。EVの電気代は幾らくらいかかるの?という疑問がありましたが、ようやく結論が出ました。

Tesla Model 3を購入する前の電気代が$158、我が家はエアコンはありませんが、プールや池のポンプを回しているので近所の家に比べるとやや高めです。

 

 

 

 

 

 

 

Tesla Model 3を購入したのが7/19/2018、ちょうどその日から新しいく電気代のサイクルが始まりました。
その月の電気代が、$262。約$104上がりました。家での充電の他に、出かけた時のSuper Chargerの使用量が$24くらい。
トータルで$128くらいかかったことになります。

 

 

 

 

 

 

電気料金の料金体制を深夜電気使用のものに切り替えてもらいました。そうしたら、何と。今月の電気代は$150に下がりました。これは、Teslaを購入する前の電気料金とほぼ同じです。
マンモスに出かけた時の出かけた時のSuper Chargerの使用量が$45 で、今月のTesla電気代の出費はほぼ$40で済みました。

 

 

 

 

 

 

毎月のガソリン代の節約は$200くらいになりそうなので、年間$2400くらいは節約できそうです。他にもらえるお金は、
Federal Tax cedit $7500
State Rebate $2500
Edison Rebate $450
電気自動車はガソリン車に比べるとまだ高めですが、TAXの恩典、性能などを考えると購入に値する車だと思います。

Model 3

2016年の7月の予約から丸2年経って、今年の7月19日にようやく我が家の一員になってくれたTesla Model3です。二ヶ月経ってますます愛しく感じでいます。自分で洗車なんかしなかったのですが、今は毎週自分で洗車しています。知らないメキシカンの洗車のおじさんに触らせたくないです。オート クルーズ コントロールにも徐々に慣れて来ました。
今までの運転と大きく違うと感じるのは、加速の良さと回生ブレーキの効きの良さです。毎日、丘を一つ超えて通勤しているのですが、登りでの加速の良さ、カーブでの安定性は抜群です。車のライトのハイビーム、ロービームも自動的に切り替えらるるので夜も心配なく乗れます。下り坂では回生ブレーキの’効きがかなり良いので、Palos VerdesからTorranceに降りる際のHawthron Blvd.やCrenshaw Blvd.の急な下り坂でもほとんどブレーキを踏まなくて大丈夫です。今日久しぶりに20年来の愛車のシエナに乗りましたが、違いに愕然としました。

遠出のドライブでは必要にして十分な数のSuper Charger網が北米中に張り巡らされているので、北米なら心配せずにどこでもドライブできます。また自宅にもCharging Stationを設置したので格安の深夜電力で充電できます。一ヶ月の電気代は$70程上がりましたが、ガソリン代は$200くらい支払っていたので、お金も節約できていると思います。

インターネットラジオ、好きな音楽をいつでも聞けるところもいいですね。私はもっぱらClassicやJazzのチャンネル、主人は80年代のロックスピーカーが13個もついているそうでう良い音です。iPhoneからの電話は受けることができますが、iPhoneの音楽を聴くのはあまり良くできていません。AppleのCarPlayが使えるようになると良いと思います。

魅力の一つはシンプルなないそうです。大型Displayで全てをコントロールするので、メーター類やスイッチが何もないのが良いです。お部屋もModel 3のようにスッキリさせたいです。

現在の所、かなり気にっていています。買ってよかったと思います。Model3でアメリカのいろいろな所を旅行したいと思っています。

自分が電気自動車に乗っていると、他の電気自動車もとても目につきます。
Teslaはもちろん、Volt、日産 Lead、BMW i3など電気自動車が沢山走るようになりました。この勢いは今後も続くでしょう。ロサンゼルスの空気が綺麗になっていくのは良いことだと思います。